常日頃から心がけておきたいコピーライティング上達のコツ



Kokoです。

 

今回の記事では記事を書く際に、
スムーズに執筆に移る為の
テクニックを紹介しようと思います。

 

まあ、
テクニックと云っても、
難しい知識や技術も必要も無いので
気楽に見ていただければと考えています。

 

リライト記事は基本的にタブー

 

こちらに関しては以前にも記事として、
書かせていただいているので、
こちらの記事と併せてご覧になってください。

→リライト記事では反応が取れない理由

 

リライト記事と云うのは、
他の記事から文章をそのまま持ってきて、
語尾や、表現の仕方、構成の入れ替えなど、
元の記事と見比べると確かに要所要所違うけど、
コレって同じ記事だよね・・・?
と表現されるようなものが当てはまります。

 

リライト記事を推奨している
ブログ等は見かけるには見かけますが、
僕はお勧めしません。

 

確かに、

 

リライト記事ではSEO的に通用しないのか?
ユーザーを集客することが出来ないのか?

 

と云われると答えは”NO”です。

 

つまり、ユーザーの集客は可能ですし、
純粋にPV数を増やす目的であれば、
リライト記事はアリだと言えます。

 

コピペ記事と違い、
機械的な目線で見れば別物ではあるし、
リライト先に選んだ記事が
優れたものであるならば、
下手に文章を書くよりも
はるかに説得力はあるでしょう。

 

しかし、
リライトと云えど、コピペの延長線上に過ぎないので、
人目に付けばつくほどバレる可能性も高まります。

 

まあ、
実際意見が被ることは多々ありますし、
自身の意思をもって一から記事の構成を考えたとしても、
ある程度の被りは仕方がないとは思います。

 

リライト記事で構成をいじった文章と、
たまたま他の記事と被ってしまった文章は
端から見れば大きな違いはないかもしれません。

 

言っていることが同じなのであればなおさらです。

 

しかし、
自分の意志で書き記した文章と
他から持ってきた文章では、
記事に対する”想い”の大きさが違います。

 

この想いと云う言葉は口にすると
多少クサいかもしれませんが、
これは感情論でも何でもなく、
記事が積み重なっていった際に
必ず現れるものです。

 

例えばですが、Aという記事を書いてから、
次に派生する記事をA_1、A_2と繋げていこうとした際、
Aという記事を書いた記憶、経験がある為、
理論付けて文章を構成することが出来ます。

 

しかし、リライト記事で書いた場合、
Aという記事から派生しようにも、
Aという記事に対しての本質部分の理解力が
欠如してしまっている為、
A_1を書いたつもりが全く別のBという記事に
なってしまう事もあるというわけです。

 

これを避ける場合、同じブログから
引っ張ってくるしかないのですが、
そんなことを続けていたら当然、
引用していることがバレてしまいます。

 

リライト記事を全否定するわけではないですが、
何でもかんでもリライト、リライトと言っていると、
それこそ主体性の無いブログになってしまい、
どこか空虚なものとなってしまいます。

 

こうなってしまうと書き手も
ライティングスキルが向上しないままですし、
記事作成のモチベーションも下がってしまって、
継続できなくなってしまう恐れもあります。

 

リライトするのではなく、メモを取る癖をつける

 

コピーライティングの本質は
言うまでもなく記事、つまり文章にあるわけですが、
この文章と云う部分を構成しているものは
突き詰めていくと”単語”となるわけです。

 

これはどんな記事にも言えることですし、
何もブログだけに言えることではありません。

 

文章が媒体では無いCMやラジオなども、
結局は”単語と単語の組み合わせ”なのです。

 

つまり、リライト記事(文章)を
そのまま持ってこなくとも、
ユーザーの興味を引く”キーワード”を
を引用することでリライト記事と
同じレベルの反応を
獲得することが可能なのです。

 

始めのうちは
どんなキーワードを選べばいいのか、
という部分でつまずいてしまうと思うので、
まずは”自身が興味を持てる”キーワード
選んでみると記事作成にも移行しやすいです。

 

誰もが通る道ではあるのですが、
どんな人間もいきなり完璧な文章、
理想的な表現を出来るわけではないので、
肩の力を抜いて取り組むと良いですね!

 

気になる単語やフレーズがあれば、
コピペでもいいので、簡易的に
メモ帳などにまとめていくようにしましょう。

 

記事を書く際は、
そのキーワード群から必要なもの、
集客が出来そうなものをピックアップしつつ、
あなた自身がユーザーに伝えたい”想い”を
訴えかけていくようにしてください。

 

考える力はコピーライティングを
上達させるうえで、必要不可欠の力ですし、
コツと云うよりはマインド向けの話にはなりましたが、
今後のアフィリエイト活動の参考にしてみてください。

 

まとめ

 

今回は記事作成を行う上でのポイント、

 

・リライト記事ではブログの質が上がらない

・単語一つ一つに目を向ける

 

この二点について解説させていただきました。

 

アフィリエイトを挫折
してしまう人の特徴として、
簡単だと思っていたら
実際は作業が多くて続けられなかった。

 

というパターンは非常に多いです。

 

たしかに、僕も始めた当初は
色々と覚える事、作業も多くて、
毎日ブログを更新するのが大変でした。

 

しかし、それでも本業で
8時間以上拘束されることを考えれば、
1~2時間程度で済むアフィリエイトは
どう考えたって楽な方です。

 

アフィリエイトは納期と云うものが無いので、
作業の基準が分かりにくい事もありますが、
自身の出来る範囲から始めてみることを
お勧めいたします。

→アフィリエイトを始めるうえで意識をすること

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール


管理人のKokoです。

愛知県に住みながら
ネットビジネスで
生計を立てています。
趣味はお絵かきとゲーム。

まずは数ある中から
当ブログにお越し下さり
誠にありがとうございます。

こちらでは情報商材のレビュー
を主とし、ネットビジネスで
稼いでいくためのノウハウや
やマインドについても僕自身の
見解と客観的な意見も交えて、
ネットビジネス初心者の方に
目線に合わせて解説して
いきます。

僕自身もネットビジネスに
専業で打ち込めるレベル
までは稼げていますが、
まだまだ修行中の身です。

その為、今からネットで稼ごう
と思っている方の想いを
共有できると考えています。

困ったことがあればお力に
なれると思うので是非お気軽に
ご相談してくださいね!
プロフィール詳細

ご相談はこちら

無料メルマガ講座

このページの先頭へ