稼げていない人はDRMを見直してみよう!

Kokoです。

 

アフィリエイトで生計を立てれるまで
稼げている人は実践者の全体の5%
と云われています。

 

こう聞くと

「知識も何も無い状態じゃ
稼げるわけもない・・・」

なんて思われるかもしれません。

 

しかしそれは間違いで、
知識なんて無くても
稼ぐことは全然可能なのです。

 

「でも稼げていない層が95%
いるのも事実だよね?」
(厳密にまったく稼げていないのは
半数ぐらいで残りの45%の方は
少量ですが稼ぎ続けています。)

 

ただそれには理由があって、

ズバリ、稼げていないのは
正しい方法でアフィリエイトを
行っていないからにつきます。

 

僕はこれまで、
ネットビジネスに取り組んでいる人を
色々見てきたわけですが、
稼げていない方はこのような特徴があります。

 

・ただサイト上に商品広告を貼り付けただけのアピール性のないもの

・テーマが一貫せず「誰」に「何」を伝えたいのか分からない

・メルマガなどがただの「押し売り」になっている

 

逆に稼げているアフィリエイターというのは、
これからお話するDRMのロジックを
WEB媒体上で取り入れているからであり、
ちゃんと理論付けされた明確なワケがあります。

 



 

正しいDRMを行う

 

まずDRMとはなんぞや
と云うところですが、

・ダイレクト
・レスポンス
・マーケティング

から頭文字をとった言葉で、

 

”集客”



”教育”



”販売”

 

といった具合に
順序立てて物事を進める方法です。

 

アフィリエイトは継続が大切、
と以前話させていただきましたが、
このDRMが正しく行われていないと、
例え作業を継続しても利益には
結びつくことはありません。

 

例えて云うならば、
スーパーやデパ地下での試食販売などが
分かりやすいでしょうか?

 

”集客”
呼び込み、焼ける音や匂い

”教育”
試食の勧め

”販売”
気に入っていただいて購入してもらう

 

という順序です。

 

いくら美味しい食べ物と云っても、
名が通っていないモノを普通に店頭に並べても
他にも優れたライバルがたくさんいるので
なかなかに購入されることはありません。

 

しかし、直接手に取って試食してもらう事で
その商品の良さを理解していただければ
購入してくれる確率も大きくなります。

 

そして口コミでその商品の良さが伝われば、
いずれは呼び込みや試食を通さなくても
お客さんは継続して買ってくれるわけです。

 

アフィリエイトも同じで、
集客するためにブログを
更新し続けるまではいいのですが、
その先の”教育部分”が成り立たないと
いくらアクセス数が増えても
その人達はただの素通りしていく
通行人にしかなりえないのです。

 

逆に言えば、
このDRMさえしっかりと正しい方法で
行う事が出来ていれば、アフィリエイトは
誰にでも稼ぐ事が出来るというわけです。

 

アフィリエイトは
商品を自分で作る必要が無いので、
”商品の良さ”について教育さえできれば
成功したも同然なのですから!

 

こう聞くと何となく
知識が無くても出来そうな気がしませんか?

 

どの層の客を集めるのか

 

上記で例として挙げた
試食販売ではターゲットとなる
お客さんは主に主婦などですよね。

 

僕たちもアフィリエイトで
見込み客を集客する場合、
ターゲットとなるお客さんの
層をしっかりと選定する必要があります。

 

こちらも例を挙げてみますが、
「ポケモンサン&ムーン」を
アフィリエイトしようと考えたとします。

 

しかしそこで、
ポケモンのアニメの感想や、
ポケモンGoなどの情報などを綴っても
そこで集まってくるアクセスは
アニメやソシャゲに興味がある人が
集まってしまうのでアクセス数を
稼げたとしても成約には結びつかないわけです。

 

そして、この場合は
”まだポケモンサンムーンを持っていない層”
のお客さんを集める必要があります。

 

タイトルで考えるならば

「ポケモンサンムーン100連勝を目指すブログ!」

よりも

「ポケモン最新作!サンムーンの見どころ!」

と書いたほうが見込み客の集客が可能でしょう。

 

上記の文言だと、もうすでに
サンムーンを購入した人が集まってしまうわけです。

 

もし見込み客のアクセスが足りないな、
と感じた場合はこういった部分を
一度見直してみると良いでしょう。

 

1対1の信頼関係を築く

 

集客が出来たら次は教育部分です。

 

リアルビジネスと違い、
ネットビジネスは相手と直接
あって会話するわけではないので、
いかに相手との信頼関係を
築けるかという部分は非常に
大きなウエイトを担います。

 

その為にも
1対多数での関係では
教育にも限度があります。

 

見込み客を選定したと云っても
年齢性別をはじめ、
人それぞれ考え方が違うし、
働いている環境も違います。

 

僕たちも情報を発信する場合、
一人一人それぞれに合わせた情報を
提供してあげる必要があります。

 

DRMは本来

「メーカーが直接お客さんに商品を届ける」

と云う意味が込められています。

 

つまり1対1の関係を築くと云う事ですね。

 

こうした部分を疎かにしないことが
より良い信頼関係を結ぶこと、
そして正しい教育へとつながるのです。

 

具体的にはメールやメルマガの配信などの
手段であれば一人一人個別に対応することが出来ますね!

 

後は背中を押してあげるだけ

 

集客、教育ときたら、
最後は販売(セールス)となるわけですが、

 

見込み客を集客して、
お客さんとの信頼関係を
しっかりと築いている状態ならば
この販売についてはそれほど難しくはありません。

 

ここでのお客さんは
あなたのブログを継続して見て
あなたを信頼している方なのですから、
あなたが自信をもって提供する事が出来たのなら
小難しいライティングを行う事も無く
商品を売る事が出来るのです。

 

それはさながら、買うか買わないかを
悩んでいるお客さんの背中を
押してあげるような感じですね。

 

もちろんその時に売った商品が
粗悪なものであるならばたちまち
これまで築き上げてきた
信頼関係は水泡となってしまうでしょう。

 

しかし、満足していただけたのであれば、
これから継続してあなたから商品を
購入してくれるようになるわけです。

 

ここでの大事なことは
販売部分ではなく、
ただ売りっぱなしにしないということ。

 

販売してからも相談や悩み事など
いっしょに考えてあげることは大切で、
より良い友好関係を保ち続けてください。

 

大切なことは思いやりの気持ち

 

今回はDRMについて

集客、教育、販売

までの流れを大まかに解説してきました。

 

一見難しいかな・・・?
と思われた方もいるかもしれません。

 

でも、これらのスキルは実践で
いつの間にか身についていくものです。

 

大事なことは

”相手の立場になって一緒に考えてあげること”

です。

 

ネットでもリアルでも
結局やっていることは同じで
サービスの提供の本懐は
相手を思いやる気持ちなんです。

 

もし今悩んでいるのであれば
是非お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール


管理人のKokoです。

愛知県に住みながら
ネットビジネスで
生計を立てています。
趣味はお絵かきとゲーム。

まずは数ある中から
当ブログにお越し下さり
誠にありがとうございます。

こちらでは情報商材のレビュー
を主とし、ネットビジネスで
稼いでいくためのノウハウや
やマインドについても僕自身の
見解と客観的な意見も交えて、
ネットビジネス初心者の方に
目線に合わせて解説して
いきます。

僕自身もネットビジネスに
専業で打ち込めるレベル
までは稼げていますが、
まだまだ修行中の身です。

その為、今からネットで稼ごう
と思っている方の想いを
共有できると考えています。

困ったことがあればお力に
なれると思うので是非お気軽に
ご相談してくださいね!
プロフィール詳細

ご相談はこちら

無料メルマガ講座

このページの先頭へ